« ルーマニアの自動車メーカー『ダチア』が浮上 | トップページ | ジャッキー・スチュワート氏、「F1新スター誕生の予感」 »

2014/01/20

マクラーレン、「事態は容易なものではない」

McLaren Technology Center (C)McLaren Group
拡大します
全チームの先陣を切る1月24日(金)に2014年新型車の発表を予定していたマクラーレン・チームだが、FIA(国際自動車連盟)による事前のクラッシュテストに不合格。
まだ再テストの時間はあるが、場合によっては今シーズンの活動にいきなり障害となる可能性も出てきたという。

24日の新型車発表はインターネットによるオンラインであるため予定通りに行われる見通しだが、現在のレギュレーションではクラッシュテスト不合格のまま見切り発車でテストに参加することができないため、なんとしても28日(火)のシーズン前最初のテスト初日には間に合わせないことには名門の面子が立たないところ。
チームのスポークスマンは事態が容易なものではないことを認めている。

|

« ルーマニアの自動車メーカー『ダチア』が浮上 | トップページ | ジャッキー・スチュワート氏、「F1新スター誕生の予感」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58976845

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、「事態は容易なものではない」:

« ルーマニアの自動車メーカー『ダチア』が浮上 | トップページ | ジャッキー・スチュワート氏、「F1新スター誕生の予感」 »