« シューマッハ容態報道加熱で家族困惑 | トップページ | アビテブール代表(ケータハム)、「F1チームの二極化」懸念 »

2014/01/05

エクレストン氏はフェラーリの「英断」にエール

Bernie Ecclestone (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2014年シーズン、アロンソ&ライコネンというチャンピオンどうしの組み合わせのフェラーリ・チームには同陣営の総帥ルカ・モンテツェモロ社長も「ある意味賭けである」ことを認めているが、これについてバーニー・エクレストン氏が別の立場から期待感を示している。

「F1では時としてリスクを冒さなければならないというモンテツェモロの意見には同感だ。
一般にどのチームも一人のエース格ドライバーとこれをサポートする若いドライバーという組み合わせに落ち着くが、今年フェラーリのようなトップチームが一流ドライバーを並べるというのは素晴らしい考えだと思う。
ファンの期待も大いに盛り上がるのではないか。
ただ、それ以前にフェラーリに十分な戦闘力を持つというのが前提になるがね」

エクレストン氏は2013年のフェラーリについて「戦闘力の低さがアロンソの力を削いでいる」と批判していた。

|

« シューマッハ容態報道加熱で家族困惑 | トップページ | アビテブール代表(ケータハム)、「F1チームの二極化」懸念 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58886174

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏はフェラーリの「英断」にエール:

« シューマッハ容態報道加熱で家族困惑 | トップページ | アビテブール代表(ケータハム)、「F1チームの二極化」懸念 »