« FIAディレクター、マーシャルの安全確保を徹底 | トップページ | メキシコ・スポンサー、続々ザウバーと契約延長 »

2014/01/12

FIA指定燃料流量センサー業者、「準備は万端」

Fuel Flow Meter (C)Gill Senser
拡大します
今季2.4リッターV型8気筒から1.6リッターV型6気筒ターボ・エンジンへと大幅にレギュレーションを変更するF1では、同時にレース中に使用できる燃料の総量を100kgまでに制限することが決まっている。
これに伴い、FIA(国際自動車連盟)では指定した共通の「監視メーター」により厳格に管理する方針を明らかにしている。

その製造業者に指定された「ジル・センサー社」のマイク・ジル社長は、「FIAが要求する超音波燃料流量センサーの規格はとても厳しいもので、最後の1.5%のエラーを取り除くのにわれわれは冬の間大変な苦労を強いられた。
しかし今はもう万全。
最新の製品は完全にFIAの精度要件を満たし、みごとにその公認を得た。
性能ばかりでなくは、耐久性にも十分な自信を持っているよ」

|

« FIAディレクター、マーシャルの安全確保を徹底 | トップページ | メキシコ・スポンサー、続々ザウバーと契約延長 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58928355

この記事へのトラックバック一覧です: FIA指定燃料流量センサー業者、「準備は万端」:

« FIAディレクター、マーシャルの安全確保を徹底 | トップページ | メキシコ・スポンサー、続々ザウバーと契約延長 »