« ニキ・ラウダ氏、「2014年の勝負は信頼性がカギ」 | トップページ | オーストリアGP、地元政府との最終手続完了 »

2014/01/03

フェラーリ、「2014年はマニュファクチャラーズ優位に」

James Allison (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームのジェームズ・アリソン/テクニカル・ディレクターがチームとして2014年のF1を分析、「マニュファクチャラーズ・チームが優位に立つ」との見方を示した。

それによればこのイギリス人は次のようにチャンピオンシップ争いの予想を説明している。
「いますべてのチームが1月28日(火)にスタートするシーズン前最初のテストに合わせ、例外なくマシンを準備中だが、2014年はエンジン本体を始めパワートレーン等マシンの根本部分が大きく変更される。
しかもパワートレーンだけでなく、それをいかに競争力あるマシンにフィットさせるかが重要なポイント。
となると、エンジン・サプライヤーでもあるマニュファクチャラーズ(製造者)チームがまず最初圧倒的に有利になるのは間違いないことだ」

|

« ニキ・ラウダ氏、「2014年の勝負は信頼性がカギ」 | トップページ | オーストリアGP、地元政府との最終手続完了 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ、「2014年はマニュファクチャラーズ優位に」:

« ニキ・ラウダ氏、「2014年の勝負は信頼性がカギ」 | トップページ | オーストリアGP、地元政府との最終手続完了 »