« モンテツェモロ社長(フェラーリ)、「今のテスト制限はナンセンス」 | トップページ | シロトキン(ザウバー)、ロシアGPでF1デビューの可能性 »

2013/12/27

エクレストン氏、「ニュージャージーまだチャンスある」

America GP(New Jersey) Image
拡大します
再三F1カレンダーに記載されながらも消滅を繰り返すアメリカ第2のグランプリであるニュージャージーのアメリカGPだが、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表は、それでも「まだチャンスはある」と擁護した。

しかしエクレストン氏は表面的にはニュージャージー開催に肯定的な姿勢を示しているものの、すでに心は他に移っていて新たな別のアメリカGP開催場所を探っているとも伝えられる。
というのも、アメリカ・メディアによればニュージャージーの主催者からFOMへの支払いが途絶えていて今後の目途も立たず、これが開催の足を引っ張っているのだという。

最初にアメリカでF1が開催されたのは1959年(セブリング)と古いが、モータースポーツ最盛国でありながらいずれの開催地もこれまで長続きしていない。

|

« モンテツェモロ社長(フェラーリ)、「今のテスト制限はナンセンス」 | トップページ | シロトキン(ザウバー)、ロシアGPでF1デビューの可能性 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58827981

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、「ニュージャージーまだチャンスある」:

« モンテツェモロ社長(フェラーリ)、「今のテスト制限はナンセンス」 | トップページ | シロトキン(ザウバー)、ロシアGPでF1デビューの可能性 »