« F1ポルシェ・スーパーカップ、さらに3年間の開催契約延長 | トップページ | メルセデス、王者チームから上級エンジニア引き抜き »

2013/12/20

『安全性』強調するも、再び事故のピレリタイヤ

Mercedes 『W04』 Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
バーレーン国際サーキットを舞台に3日間行われた合同タイヤテストは異例の非公開で終了したが、その際再び深刻な高速事故が起きていたことがわかった。

アクシデントに見舞われたのはニコ・ロズベルグがドライブするメルセデスAMGチームの『W04』で、実に320キロという高速時にリヤタイヤが突然バーストしたというもの。
これによりマシンはスピンしたものの幸いウォールへのヒットは免れ大事には至らなかったとのことだがテストは打ち切りとなった。

これについてピレリタイヤでは、「事故が起きたタイヤは革新的なトライも含めた実験的なもので、来季用のタイヤにこれが使用されることはない」とし、来シーズン用タイヤの安全性に問題がないことを強調している。

|

« F1ポルシェ・スーパーカップ、さらに3年間の開催契約延長 | トップページ | メルセデス、王者チームから上級エンジニア引き抜き »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58786176

この記事へのトラックバック一覧です: 『安全性』強調するも、再び事故のピレリタイヤ:

» ピレリがバーレーンテストでバースト? [適当に…]
バーレーンでのおこなっているピレリテストでどうやらまたしてもバーストが起こったよう Rosberg deletes a tweet he sent after a Pirelli tyre blowout at the Bahrain test. #F1 pic.twitter.com/KakW5lqRlJ— wtf1.co.uk (@wtf1couk) 2013, 12月 19  すぐにニコのつぶやきは消えたようだったが、さて大丈夫だったのだろうか?     amp;... [続きを読む]

受信: 2013/12/20 10:33

« F1ポルシェ・スーパーカップ、さらに3年間の開催契約延長 | トップページ | メルセデス、王者チームから上級エンジニア引き抜き »