« ベッテル、「自分の時よりリカルド(レッドブル)に重圧」 | トップページ | 韓国GP、赤字常態化で地元自治体の開催交渉決裂 »

2013/12/06

「ウェバー引退は気持ちの問題」と、ホーナー代表(レッドブル)

M.Webber & C.Horner (C)Redbull Racing
拡大します
通算9勝の記録を残してF1のステージから去るマーク・ウェバー(37歳:オーストラリア)について、レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は「直接の原因はモチベーションの問題」と述べた。

「ウェバーはまだF1で十分に戦える能力を持っている。
だから彼がキャリアを続けることを望んだら、もちろん問題なく継続されていたことだろう。
しかし彼の気持ちの中で、F1への情熱が急速に冷めてしまったようだ。
残念ながらいまの彼にはF1を続けるよりも、また新たな舞台に立ち向かうということのほうがふさわしいということだ」

F1ランキング3位を最後に引退するウェバーには、今後ポルシェ・チームによるWEC(世界耐久選手権)参戦という新たな挑戦が待っている。

|

« ベッテル、「自分の時よりリカルド(レッドブル)に重圧」 | トップページ | 韓国GP、赤字常態化で地元自治体の開催交渉決裂 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ウェバー引退は気持ちの問題」と、ホーナー代表(レッドブル):

« ベッテル、「自分の時よりリカルド(レッドブル)に重圧」 | トップページ | 韓国GP、赤字常態化で地元自治体の開催交渉決裂 »