« 2015年からF1活動に「バジェットキャップ」(予算制限) | トップページ | 2014年は新たに『5秒ペナルティ』導入へ »

2013/12/11

FIA、12月中のピレリタイヤテストを容認

Bahrain Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、ピレリタイヤが強く要望していた2014年に向けた年内のタイヤテスト実現について、これを容認する意向を明らかにした。

これによりピレリは12月17日(火)から19日(木)に掛けての3日間、F1バーレーンGPの開催地であるバーレーン国際サーキットを舞台に全チームを対象に行う予定。
ただ参加するのはレッドブル・レーシング、メルセデスAMG、フェラーリ、マクラーレン、フォース・インディア、そしてトロ・ロッソの6チームになる見込みで、ロータス、ザウバー、ウィリアムズ、マルシア、ケータハムの5チームは不参加とされている。

|

« 2015年からF1活動に「バジェットキャップ」(予算制限) | トップページ | 2014年は新たに『5秒ペナルティ』導入へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58735577

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、12月中のピレリタイヤテストを容認:

« 2015年からF1活動に「バジェットキャップ」(予算制限) | トップページ | 2014年は新たに『5秒ペナルティ』導入へ »