« F1、来季は最終戦のポイントが2倍に | トップページ | FIA、12月中のピレリタイヤテストを容認 »

2013/12/11

2015年からF1活動に「バジェットキャップ」(予算制限)

Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
F1ではかねてその経費暴騰による弊害が指摘されているが、FIA(国際自動車連盟)はついにこの問題にメスを入れる方針を明らかにした。

それによれば2015年シーズンから、各チームのF1活動予算について金額の上限「バジェットキャップ」(予算制限)を設けるというもの。
これにより、プライベート・チームでも戦闘力を高められることや一部の裕福なチームだけが独走することを防ぎたい考えだ。

具体的には来年6月を目途に今後FIAだけでなくFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)やチーム側の代表と共に詳細を詰めていく予定という。

|

« F1、来季は最終戦のポイントが2倍に | トップページ | FIA、12月中のピレリタイヤテストを容認 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58735547

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年からF1活動に「バジェットキャップ」(予算制限):

« F1、来季は最終戦のポイントが2倍に | トップページ | FIA、12月中のピレリタイヤテストを容認 »