« エイドリアン・スーティル、ザウバーでシート合わせ | トップページ | F1ポルシェ・スーパーカップ、さらに3年間の開催契約延長 »

2013/12/19

2014年、さらに遅くなるピレリタイヤ

Pirelli F1 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
ピレリタイヤは現在バーレーン国際サーキットを舞台に2014年仕様の新タイヤをテストしているが、現場からはピレリのタイヤが今年よりも遅くなると伝えられている。

これはイタリアの専門誌『アウトスプリント』らが報じたもので、それによればピレリの新しいタイヤは来季の新しいレギュレーションによるパワーユニットの力に耐えるためさらにコンサバ(保守的)な傾向をみせていて、ラップタイムは明らかに遅くなるというもの。

2013年シーズン、ピレリのタイヤは事故が複数回あり、しばしばタイヤ自体に原因があるのではないか、と指摘されていた。
このためピレリが慎重姿勢になるのは止むを得ないこと、と関係者はみているようだ。

バーレーン国際サーキットでのタイヤテストは秘密扱いになっていて、ラップタイム当は公開されていない。

|

« エイドリアン・スーティル、ザウバーでシート合わせ | トップページ | F1ポルシェ・スーパーカップ、さらに3年間の開催契約延長 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58780966

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年、さらに遅くなるピレリタイヤ:

» ピレリがバーレーンテストでバースト? [適当に…]
バーレーンでのおこなっているピレリテストでどうやらまたしてもバーストが起こったよう Rosberg deletes a tweet he sent after a Pirelli tyre blowout at the Bahrain test. #F1 pic.twitter.com/KakW5lqRlJ— wtf1.co.uk (@wtf1couk) 2013, 12月 19  すぐにニコのつぶやきは消えたようだったが、さて大丈夫だったのだろうか?     amp;a... [続きを読む]

受信: 2013/12/20 00:43

« エイドリアン・スーティル、ザウバーでシート合わせ | トップページ | F1ポルシェ・スーパーカップ、さらに3年間の開催契約延長 »