« NASCARとバッティングしたUS-GP日程に不満の声 | トップページ | F1、来季は最終戦のポイントが2倍に »

2013/12/10

フェラーリ技術責任者、「2014年のエンジンは団子状態」

Pat Fry (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2014年シーズン、F1はエンジンを始めとして大きくレギュレーションが変更されるが、これについてフェラーリ・チームの技術部門を束ねるパット・フライ/テクニカル・ディレクターは「来シーズンは混戦になる」との見通しを明らかにした。

「マシン開発が熟成し、主にエアロダイナミックスメンでしか改善の余地がなかったこれまでのことを考えれば、こうした大きな規格変更はF1全体にとって良いことだと思う。
しかし一部に噂されているように、特定の1社(メルセデス?)が100馬力ものアドバンテージを得るなんていうことはないだろう。
おそらくはみんな団子状態になる混戦が繰り広げられるのではないか。
来シーズンはきっと面白くなるよ」と、マクラーレン出身のイギリス人は語っている。

|

« NASCARとバッティングしたUS-GP日程に不満の声 | トップページ | F1、来季は最終戦のポイントが2倍に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58730203

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ技術責任者、「2014年のエンジンは団子状態」:

« NASCARとバッティングしたUS-GP日程に不満の声 | トップページ | F1、来季は最終戦のポイントが2倍に »