« ポール逃がしたウェバー(レッドブル)、「3つのうち2.5」 | トップページ | 1ストップが予測されるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ (ピレリ) »

2013/11/17

予選失速バトン(マクラーレン)、「なんとも不可解な状況」

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
16日(土)午前に行われたフリー走行では6番手タイムを記録するなど順調な仕上がりをみせていたバトン(マクラーレン)だったが、予選ではなんと13番手タイムでQ2敗退。
不可解な状況に首を傾げていた。

「いったい予選で何が起きたのかわからない。
それまでは良かったのに、突然バランスもグリップも最悪になっちゃったんだ。
それでもいいタイムを出しているドライバーがいるのだからコンディションのせいにはできないね。
しかし例えばQ1ではウィリアムズのボタスが最速タイムを記録しているのにチームメイトはここで敗退しているんだろう。
まったくなんとも不可解な予選だったよ」

そう語るバトン自身も放出が決まったチームメイトに負け(ペレス7位、バトン13位)。
その上さらにペナルティでグリッド3番降格も決まっている。

|

« ポール逃がしたウェバー(レッドブル)、「3つのうち2.5」 | トップページ | 1ストップが予測されるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58590131

この記事へのトラックバック一覧です: 予選失速バトン(マクラーレン)、「なんとも不可解な状況」:

» F1アメリカGP(2013 R18) [UKYOのつぶやき]
F1第18戦アメリカGP! [続きを読む]

受信: 2013/11/17 14:53

« ポール逃がしたウェバー(レッドブル)、「3つのうち2.5」 | トップページ | 1ストップが予測されるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ (ピレリ) »