« ロータス・チーム、投資グループと契約合意間近か | トップページ | ベッテルのドーナツターン、今度はお咎めなし »

2013/11/05

マッサ(フェラーリ)、チームの「タイヤ戦略に不満吐露

Ferrari Duo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
このところ予選でもレースでもチームメイトである元チャンピオンを凌駕することの多いマッサ(フェラーリ)
今回のアブダビGPでもアロンソより前を走っていたマッサだったが、終わってみれば8位と不満が残るフィニッシュで終えた。
(アロンソは5位)

これについて明暗を分けたカギはタイヤ戦略にあったとマッサはみているようだ。
多くのライバル同様、アロンソも最終スティントにソフトタイヤを装着する作戦を採ったが、マッサにはなぜか最後にミディアムタイヤが用意されていた。
マッサはこのため順位を上げることができず不本意な成績に終わったと主張している。
そのマッサもこのチームで走るのはあと2戦だけになった。

|

« ロータス・チーム、投資グループと契約合意間近か | トップページ | ベッテルのドーナツターン、今度はお咎めなし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58517437

この記事へのトラックバック一覧です: マッサ(フェラーリ)、チームの「タイヤ戦略に不満吐露:

« ロータス・チーム、投資グループと契約合意間近か | トップページ | ベッテルのドーナツターン、今度はお咎めなし »