« マッサ(フェラーリ)、チームの「タイヤ戦略に不満吐露 | トップページ | 連続開催でなくて良かった、アロンソ(フェラーリ) »

2013/11/05

ベッテルのドーナツターン、今度はお咎めなし

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
アブダビGPで優勝を飾ったセバスチャン・ベッテル(レッドブル)はここでも決勝レースごにドーナツターンを演じたが、今回レーススチュワード(競技審査委員)はこれについてペナルティを科すことはなかった。

今回も「確信犯」であるのは明らかで、ベッテルが無線でチームに「自分のしていることはわかってる。罰金は払ってよ」などと交信していることが公開されている。
しかし今回お咎めがなかったのはマシンをきちんとパルクフェルメに戻したことがあるようだ。

ただしチームのエンジニアは「ドーナツターンはギヤボックスやエンジンに負担を掛ける」として、残り少ないシーズンの戦いをおもんばかった。

|

« マッサ(フェラーリ)、チームの「タイヤ戦略に不満吐露 | トップページ | 連続開催でなくて良かった、アロンソ(フェラーリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58517469

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテルのドーナツターン、今度はお咎めなし:

« マッサ(フェラーリ)、チームの「タイヤ戦略に不満吐露 | トップページ | 連続開催でなくて良かった、アロンソ(フェラーリ) »