« ライコネンvsロータス、やはり問題点は契約金未払いか | トップページ | ポールのウェバー(レッドブル)、「気温への対応もできた」 »

2013/11/03

ハミルトン(メルセデス)のスピンはサスペンショントラブル

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2日(土)行われたアブダビGP公式予選、Q3での走行中に突然スピンアウトしてタイムアタックを終えたメルセデスAMGのルイス・ハミルトンだが、チームはその後スピンの原因がサスペンション・トラブルだったことを明らかにした。

ハミルトン自身はその時の状況について「シケインで突然マシン後部から何かが壊れた音がした」と伝えている。
マシン回収後、チームはリヤサスペンション下部のウィッシュボーンが折れていたことを確認したという。
その原因について、縁石を乗り越えた時の衝撃によるものだろうと推定している。

ハミルトンは1回目のタイムで予選4位になっていて、もしこの修復作業がパルクフェルメ内で行われないとポジションを失うことになりかねない。

|

« ライコネンvsロータス、やはり問題点は契約金未払いか | トップページ | ポールのウェバー(レッドブル)、「気温への対応もできた」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58504201

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(メルセデス)のスピンはサスペンショントラブル:

« ライコネンvsロータス、やはり問題点は契約金未払いか | トップページ | ポールのウェバー(レッドブル)、「気温への対応もできた」 »