« ライコネン(ロータス)、予選結果剥奪のペナルティ | トップページ | ハミルトン(メルセデス)のスピンはサスペンショントラブル »

2013/11/03

ライコネンvsロータス、やはり問題点は契約金未払いか

Kimi Raikkonen (C)Lotus F1 Team
拡大します
ロータス・チームのキミ・ライコネンがアブダビGPの週末、金曜日のフリー走行直前まで現地に姿を現さなかったことについて、本人がその背景を明らかにしつつある。
当初は前戦インドGP決勝レース中に起きた「無線暴言問題」とみられていたが、当人はそんな単純なものではないとしている。

「それが今回の「遅刻原因」というのは簡単だけれど、実際はそんな単純なものじゃない。
チームが僕に信頼関係を持っていないこととか、これまで1ユーロも契約金が支払われていないこととか、いろいろあるのさ。
こんなのが戦うのにベストな状況とは言えないだろう。
もちろん僕は得た害に理解し合い、こうした状況を解決したいと考えているけどね」と、元チャンピオン。

明らかになったところでは、ライコネンの今年の契約金は基本が800万ユーロ(約10億6,400万円)、これに獲得1ポイントあたり5万ユーロ(665万円)とされていて、その場合ここまで183ポイント獲得しているので915ユーロ(約12億1,695万円)、合わせて1,715万ユーロ(約22億8千万円)以上という巨額が未払いという計算になる。

一方チームは無線問題については謝罪したものの、契約金の未払いについては明言を避けている。

|

« ライコネン(ロータス)、予選結果剥奪のペナルティ | トップページ | ハミルトン(メルセデス)のスピンはサスペンショントラブル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58503707

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネンvsロータス、やはり問題点は契約金未払いか:

« ライコネン(ロータス)、予選結果剥奪のペナルティ | トップページ | ハミルトン(メルセデス)のスピンはサスペンショントラブル »