« コンストラクターズ2位争いはメルセデスAMGが一歩前進 | トップページ | 今シーズン最終戦の金曜フリー走行へプロトタイプタイヤを供給 (ピレリ) »

2013/11/19

0周リタイヤのスーティル(F・インディア)、憤懣みせる

Pastor Maldonado (C)Williams F1
拡大します
チームメイトが予選でQ2進出を果たすのに対し、予選はQ1敗退、決勝レースではアクシデントによりわずか1周することもなく戦線離脱したフォース・インディアのエイドリアン・スーティルは、レース後憤懣やるかたないところを示した。

「土曜日まではいい感じで迎えられていたのに、予選から後は最悪だった。
決勝レースではいいスタートが決められポジションを上げることができた。
ところがバックストレートで突然マルドナド(ウィリアムズ)がコースを変更して僕の左リヤタホイールにヒットしてきたんだ。
マシンはたまらず浮かび上がってコントロールできず、それで僕のレースはお終いさ。
わかったのは、彼と走る時には今後ライン1本分では足りないということ。
これからは2本分空ける必要があるっていうことだね」

|

« コンストラクターズ2位争いはメルセデスAMGが一歩前進 | トップページ | 今シーズン最終戦の金曜フリー走行へプロトタイプタイヤを供給 (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58602829

この記事へのトラックバック一覧です: 0周リタイヤのスーティル(F・インディア)、憤懣みせる:

« コンストラクターズ2位争いはメルセデスAMGが一歩前進 | トップページ | 今シーズン最終戦の金曜フリー走行へプロトタイプタイヤを供給 (ピレリ) »