« 「ライコネン(ロータス)の手術成功」とチームが発表 | トップページ | ピレリタイヤ、アメリカの多様な天候状況下で走行 »

2013/11/16

予選降格バトン(マクラーレン)、「減速はしたんだけど」

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
US-GP金曜日のフリー走行セッション中、赤旗が呈示された際に他車をオーバーテイクしたとしてグリッド3番降格のペナルティを科せられたジェンソン・バトン(マクラーレン)は、次のように当時の状況を説明した。

「確かに赤旗の時にクビアト(トロ・ロッソ)を追い抜いてしまったのは事実だから処分は受け入れる。
でも、そのときの状況が危険だったとか、そういうことではないんだけどね。
クビアトがバックストレートで減速したから、つい前に出てしまったんだ。
彼の場合は(来季に向けての)慣熟の走行だったから納得いかない思いもあるけれど、しかたないね」

バトンはそもそもメディカルヘリコプターが不在ということで突然赤旗にしたスチュワードの判断自体納得がいっていないようだった。

|

« 「ライコネン(ロータス)の手術成功」とチームが発表 | トップページ | ピレリタイヤ、アメリカの多様な天候状況下で走行 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58584487

この記事へのトラックバック一覧です: 予選降格バトン(マクラーレン)、「減速はしたんだけど」:

« 「ライコネン(ロータス)の手術成功」とチームが発表 | トップページ | ピレリタイヤ、アメリカの多様な天候状況下で走行 »