« ベッテル(レッドブル)が劇的逆転タイムでポールポジション獲得 | トップページ | ポール逃がしたウェバー(レッドブル)、「3つのうち2.5」 »

2013/11/17

「来季F1、22戦から19戦に縮小」とドイツ・メデイア報じる

FIA
FIA(国際自動車連盟)は2014年のF1カレンダーについて、史上最多となる全22戦を計上したが、そこから3戦が脱落、結局全19戦で戦われるとの見通しをドイツ・メデイアが伝えて注目されている。

これはドイツの有力誌『アウトモーター・ウント・スポルト』が報じたもので、それによれば当初開催予定の22戦から韓国、メキシコ、そしてニュージャージーら3つのグランプリが脱落するとのこと。
いずれも問題は財政面にあり、韓国とニュージャージーはグランプリ開催資金が不足、また21年ぶりの復活を目指すメキシコはそもそもサーキットの改修資金が足りないのだという。

2014年の改訂版F1カレンダーは例年12月初旬にFIAから発表される予定。

|

« ベッテル(レッドブル)が劇的逆転タイムでポールポジション獲得 | トップページ | ポール逃がしたウェバー(レッドブル)、「3つのうち2.5」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58589613

この記事へのトラックバック一覧です: 「来季F1、22戦から19戦に縮小」とドイツ・メデイア報じる:

« ベッテル(レッドブル)が劇的逆転タイムでポールポジション獲得 | トップページ | ポール逃がしたウェバー(レッドブル)、「3つのうち2.5」 »