« 明暗分けた日本人元F1ドライバーの週末 | トップページ | ジャン・トッドFIA会長、結局無投票で再選も »

2013/10/21

ベネズエラ国営企業、ウィリアムズへのスポンサー金額再考か

Pastor Maldonado (C)Williams F1
拡大します
2011年シーズンからウィリアムズ・チームのスポンサーとなり、それと共に同国のヒーローであるパストール・マルドナド(28歳:ベネズエラ)を同チームに送り込んでいる国営石油企業『PDVSA』だが、その支援に変化が起きそうだ。

一つは同チームへのスポンサー料金が不当に高額であるとしてベネズエラ議会が調査に乗り出しているというもの。
またもう一つはこれまでのマルドナドの成績に、PDVSAが満足していないというものだ。

こうした報道について、当のマルドナドは「自分はペイ・ドライバー(資金持込)ではないし、チームとは直に交渉し契約を結んでいる。
母国からのスポンサーには感謝しているが、たとえ変化が起きようともそれは契約とは関係のないことだ」と、強調している。

そんなマルドナドが最も輝いたのはなんといっても2012年スペインGPでのポールTOウィンだろう。

|

« 明暗分けた日本人元F1ドライバーの週末 | トップページ | ジャン・トッドFIA会長、結局無投票で再選も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58425411

この記事へのトラックバック一覧です: ベネズエラ国営企業、ウィリアムズへのスポンサー金額再考か:

« 明暗分けた日本人元F1ドライバーの週末 | トップページ | ジャン・トッドFIA会長、結局無投票で再選も »