« P Zeroレッド・スーパーソフト、ハミルトンの好発進をサポート (ピレリ) | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「2回目トップは初めてかな」 »

2013/10/05

ウェバー(レッドブル)、それでもピットレーン出口に不満顔

Mark Webber (C)RedBull Racing
拡大します
韓国GPが行われるヨンナムの韓国国際サーキットでは、FIA(国際自動車連盟)指示のもと今回これまで不評だった本コース合流部のピットレーン出口の改修を行った。
多くの関係者はこれにより安全性が高まったと評価したが、レッドブル・レーシングのマーク・ウェバーらはそれでもまだ不満であるところを示している。

「こんなお粗末な工事では呆れるね。
とにかく路面のバンプがあまりに激しくてマシンが飛び跳ねてしまうんだ。
これがF1のスタンダードだと言うなら僕らは受け入れるしかないけれど、また僕がここに来ることがあったなら、その時も同じ状態なのか楽しみさ」と、オーストラリアのヒーロー。

初日のフリー走行を3位と4位と好調なペースで終えたウェバーだが、F1参戦は今季限り。
来年以降の韓国サーキット来訪に皮肉と共に含みを持たせたようだ。

|

« P Zeroレッド・スーパーソフト、ハミルトンの好発進をサポート (ピレリ) | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「2回目トップは初めてかな」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58322964

この記事へのトラックバック一覧です: ウェバー(レッドブル)、それでもピットレーン出口に不満顔:

« P Zeroレッド・スーパーソフト、ハミルトンの好発進をサポート (ピレリ) | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「2回目トップは初めてかな」 »