« ロス・ブラウン代表vsメルセデスAMG、交渉決裂か | トップページ | マルシアF1、遅ればせながらF1商業契約結ぶ »

2013/10/31

ニキ・ラウダ氏、ブラウン代表のメルセデス離脱を否定

Niki Lauda (C)Mercedes Motorsport
拡大します
メルセデスAMGチーム内部の混乱は依然終息することなく、ロス・ブラウン代表のチーム離脱説が現実のものとして捉えられているが、同チームのニキ・ラウダ非常勤会長はそれでもこれを認めていない。

これは英『デイリー・メール』紙の取材に主張したものだが、その中でこの元チャンピオンは「レギュレーションが大きく変更される2014年、技術部門も束ねるチームのトップを変えるのは利口な策ではない」と、ブラウン氏残留を擁護。
「いまはまだシーズンの真っ只中。
交渉は最終戦が終わってからスタートする」としている。

これまで表面化した情報により、メルセデスAMGチーム内では「ラウダ-ブラウン」と「ウォルフ-ロウ」陣営という図式が具体化しつつあるようだ。

|

« ロス・ブラウン代表vsメルセデスAMG、交渉決裂か | トップページ | マルシアF1、遅ればせながらF1商業契約結ぶ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58485414

この記事へのトラックバック一覧です: ニキ・ラウダ氏、ブラウン代表のメルセデス離脱を否定:

« ロス・ブラウン代表vsメルセデスAMG、交渉決裂か | トップページ | マルシアF1、遅ればせながらF1商業契約結ぶ »