« ベッテル(レッドブル)、インドGPも制し4年連続王座に | トップページ | 「チームメイト戦争」、ロータス・チームでも勃発 »

2013/10/28

確信犯のドーナツターンにスチュワードから『お灸』

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
インドGPのレーススチュワード(競技審査委員)は、27日(日)に行われた決勝レース終了後、マシンを規定のパルクフェルメに移動させなかったとしてレッドブル・レーシングに対し2万5千ユーロ(約337万5千円)の罰金を科したことを明らかにした。

レギュレーションではチェッカーフラッグを受けたマシンは速やかにピットレーンに戻りそのままパルクフェルメに移動することが規定されているが、同チームのセバスチャン・ベッテルはメインストレートに戻って派手なドーナツターンを繰り返したもの。
ベッテルはこれがルール違反であることは最初から口にしていて、チャンピオンを決定したことによる意図的な行動であったことを窺わせていた。

|

« ベッテル(レッドブル)、インドGPも制し4年連続王座に | トップページ | 「チームメイト戦争」、ロータス・チームでも勃発 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58467753

この記事へのトラックバック一覧です: 確信犯のドーナツターンにスチュワードから『お灸』:

« ベッテル(レッドブル)、インドGPも制し4年連続王座に | トップページ | 「チームメイト戦争」、ロータス・チームでも勃発 »