« フリー走行3回目はウェバー最速もベッテルはトラブル | トップページ | 日本GP予選Q2、ペレス(マクラーレン)脱落 »

2013/10/12

日本GP予選Q1、ガレージ、またコースでも出火で赤旗中断に

日本GPの公式予選がスタート。
天候は引き続き晴れ、路面はドライコンディションで気温24度、路面温度は36度と報告されている。
なおスプーンでクラッシュしたスーティル(フォース・インディア)はギヤボックス交換をしたということで、予選グリッド5番降格のペナルティが科せられることに。
セッション途中、ガレージで給油が行われたグティエレス(ザウバー)のマシンから発火、一時ピットガレージは騒然となったが幸い大事には至らなかった。

残り約3分というところでベルニュ(トロ・ロッソ)のマシン後部から発火。
ヘアピン先にマシンを止めマーシャルにより消火されたがセッションは赤旗中断に。
原因はブレーキ関連か。

残り2分55秒でセッション再開。
各車ミディアムタイヤ総ちゅくだが、許されるのはただ1回だけのアタックとなった。
排除されたベルニュを除けば出走していないのはウェバー、ハミルトン、アロンソ、ベッテル、そしてバトンとこの時点の上位5人だけ。

結局トップになったのはグロージャン(ロータス)。
ここで脱落となったのはスーティル(フォース・インディア)、ベルニュ(トロ・ロッソ)、チルトン(マルシアF1)、ピック(ケータハムF1)、デル・ガルデ(ケータハム)、そしてビアンキ(マルシアF1)の6台に。
107%タイムは1'38.251でこれは全車問題なくクリアした。

|

« フリー走行3回目はウェバー最速もベッテルはトラブル | トップページ | 日本GP予選Q2、ペレス(マクラーレン)脱落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58368117

この記事へのトラックバック一覧です: 日本GP予選Q1、ガレージ、またコースでも出火で赤旗中断に:

« フリー走行3回目はウェバー最速もベッテルはトラブル | トップページ | 日本GP予選Q2、ペレス(マクラーレン)脱落 »