« 今季初ポールのウェバー(レッドブル)、「最高のコース」 | トップページ | アクション満載の鈴鹿で2ストップの決勝が予想される (ピレリ) »

2013/10/13

日本GP、最終スターティンググリッド(FIA発表)

日本GPでは複数の予選グリッド降格のペナルティが科せられているが、最終スターティンググリッドについてFIA(国際自動車連盟)は次のように発表した。

1. ウェバー(レッドブル)
2.ベッテル(レッドブル)
3.ハミルトン(メルセデス)
4.グロージャン(ロータス)
5.マッサ(フェラーリ)
6.ロズベルグ(メルセデスAMG)
7.ヒュルケンバーグ(ザウバー)
8.アロンソ(フェラーリ)
9.ライコネン(ロータス)
10.バトン(マクラーレン)
11.ペレス(マクラーレン)
12.ディ・レスタ(フォース・インディア)
13.ボタス(ウィリアムズ)
14.グティエレス(ザウバー)
15.マルドナド(ウィリアムズ)
16.リカルド(トロ・ロッソ)
17.ベルニュ(トロ・ロッソ)
18.チルトン(マルシアF1)
19.デル・ガルデ(ケータハム)
20.ピック(ケータハムF1)
21.ビアンキ(マルシアF1)
22.スーティル(フォース・インディア)


|

« 今季初ポールのウェバー(レッドブル)、「最高のコース」 | トップページ | アクション満載の鈴鹿で2ストップの決勝が予想される (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58374668

この記事へのトラックバック一覧です: 日本GP、最終スターティンググリッド(FIA発表):

« 今季初ポールのウェバー(レッドブル)、「最高のコース」 | トップページ | アクション満載の鈴鹿で2ストップの決勝が予想される (ピレリ) »