« ベネズエラ国営企業、ウィリアムズへのスポンサー金額再考か | トップページ | 佐藤公哉(ザウバー)、「まだF1の理解度は50%」 »

2013/10/22

ジャン・トッドFIA会長、結局無投票で再選も

Jean Todt (C)Redbull Racing
拡大します
今年12月末で任期が満了するFIA会長について、現職であるジャン・トッド氏にデビッド・ワード氏ら対抗馬が出馬することがわかり、水面下で早くも壮絶な事前運動が行われてきたが、どうやら雲行きが大きく変わってしまったようだ。

しかし前FIA財団(ファウンデーション)の総裁であるワード氏(56歳:イギリス)からはすでに立候補辞退の意向が示唆された上、同氏が推す中東UAE(アラブ首長国連邦)ドバイの自動車クラブ会長であるモハメド・ビン・スライエム会長も立候補を断念したと伝えられたからだ。

このままだと結局のところ会長選挙に立候補するのはトッド氏だけということになり、選挙は無投票ということになりかねない。

|

« ベネズエラ国営企業、ウィリアムズへのスポンサー金額再考か | トップページ | 佐藤公哉(ザウバー)、「まだF1の理解度は50%」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58430803

この記事へのトラックバック一覧です: ジャン・トッドFIA会長、結局無投票で再選も:

« ベネズエラ国営企業、ウィリアムズへのスポンサー金額再考か | トップページ | 佐藤公哉(ザウバー)、「まだF1の理解度は50%」 »