« 韓国GPでもDRSゾーン2か所に拡大 | トップページ | マクラーレン・チーム、2012年度は赤字計上 »

2013/10/03

デビッド・ワード氏、FIA会長選挙から撤退の見込み

FIA

今年末に予定されるFIA(国際自動車連盟)の次期会長選挙について、これまで立候補の意思を示していた前FIA財団(ファウンデーション)の総裁デビッド・ワード氏(56歳:イギリス)だが、出馬を取りやめる方針が伝えられた。

これは英『オートスポーツ』が報じたもので、ワード氏は「困難な決断だが、FIAの改革が進められるならば、自分自身の出馬にはこだわらない」と語っているという。

会長選挙にはすでに現職のジャン・トッド氏の立候補が確実視されている。

|

« 韓国GPでもDRSゾーン2か所に拡大 | トップページ | マクラーレン・チーム、2012年度は赤字計上 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58312221

この記事へのトラックバック一覧です: デビッド・ワード氏、FIA会長選挙から撤退の見込み:

« 韓国GPでもDRSゾーン2か所に拡大 | トップページ | マクラーレン・チーム、2012年度は赤字計上 »