« エリック・ブイユ代表(ロータス)、来季ドライバーに自信 | トップページ | ベネズエラ国営企業、ウィリアムズへのスポンサー金額再考か »

2013/10/21

明暗分けた日本人元F1ドライバーの週末

富士6時間レース/表彰台 (C)Toyota Motorsports
拡大します
この週末、F1はイベントの谷間となったが、他のカテゴリーでは大きな大会が行われた。
WEC(世界耐久選手権)は日本ラウンドの「富士6時間レース」が富士スピードウェイで、またインディカー・シリーズは最終戦となる「オートクラブ戦」が米国カルフォルニア州フォンタナで行われたもの。
そして前者には元ウィリアムズのF1ドライバーである中嶋一貴(28歳)が、後者には元スーパー・アグリ等のF1ドライバー、佐藤琢磨(36歳)が参戦、注目を集めた。

富士のWECは悪天候に見舞われ再三の赤旗中断、セーフティカーの先導を経て結局レースは途中打ち切りとなりながら先頭を走っていた中嶋一貴組の『トヨタ・TS030 HYBRID』が昨年に続く総合優勝を遂げた。

しかし佐藤琢磨のほうは予選でアタック前にクラッシュしてノータイムとなり日曜日は最後尾スタート。
結局残念ながらレースは17位、一時はタイトルも窺ったシリーズ・ランキングも最終的に17位に終わった。

WEC富士6時間レースの結果はこちら
INDYCARオートクラブ戦の結果はこちら

|

« エリック・ブイユ代表(ロータス)、来季ドライバーに自信 | トップページ | ベネズエラ国営企業、ウィリアムズへのスポンサー金額再考か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58425118

この記事へのトラックバック一覧です: 明暗分けた日本人元F1ドライバーの週末:

» WEC富士6時間Toyotaのハイライト動画 [適当に…]
天候不良によりSCランで終了してしまったWEC富士6時間レース走るほう、見るほうにとってもつらいレースだったようだ・・・晴れてくれるほうがいいよな  [続きを読む]

受信: 2013/10/21 11:51

« エリック・ブイユ代表(ロータス)、来季ドライバーに自信 | トップページ | ベネズエラ国営企業、ウィリアムズへのスポンサー金額再考か »