« 韓国GPの週末はいずれも晴れの予報 | トップページ | フラインス(ザウバー)、不満のマネージメント変更 »

2013/10/02

F1燃料共通化に反対のチームも

Petronas Image (C)Mercedes Motorsport
拡大します
先に明らかにされた新しいコンコルド協定によれば、今後F1で使用する燃料についても統一化(独占供給)する可能性をみせたが、これについては各チームの考えがまとまっていないことが露呈した。

これは「潜在的なサプライヤーとの商業的な交渉を行う権利がある」との表現で、F1燃料についてもバーニー・エクレストン氏率いるFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)に権利を与える可能性を示したもの。
しかしF1燃料及びオイルは戦闘力の重要な要素であるだけでなく、チームによっては大きな収入源にもなっているもの。
例えばフェラーリは「シェル」、メルセデスが「ペトロナス」、ルノーが「トータル」、そしてマクラーレンが「モービル」等、ある意味チームの顔にもなっている存在。

今後この問題が騒動の火種になりかねない様相だ。

|

« 韓国GPの週末はいずれも晴れの予報 | トップページ | フラインス(ザウバー)、不満のマネージメント変更 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58304906

この記事へのトラックバック一覧です: F1燃料共通化に反対のチームも:

« 韓国GPの週末はいずれも晴れの予報 | トップページ | フラインス(ザウバー)、不満のマネージメント変更 »