« ベッテル、最適なタイヤ戦略で世界王者に輝く (ピレリ) | トップページ | A.ニューイ氏(レッドブル)、「来季はまた振り出しに」 »

2013/10/29

3位グロージャン(ロータス)、「4位までは予想したけど」

Romain Grosjean (C)Lotus F1 Team
拡大します
インドGPでは予選Q1でタイヤ戦略に失敗、グリッド17番手という「想定外」のスタートを強いられたロータス・チームのロマン・グロージャンだが、決勝レースではみごと3位まで挽回してみせた。

「17番手のスタートでも、スタートでジャンプアップしてその後のレースを完璧に走りきれば4位までは行くと信じて臨んだんだ。
でもまさかの3位だなんて、ね。
正直ここまで行けるとは考えていなかったよ」と、うれしい誤算のグロージャン。

9周目に4位まで上がったグロージャンはその後13周目にタイヤ交換、一時は15位まで落ちた。
しかし1ストップ作戦ながらタイヤを労り、その後34周目に6位、41周目に一気に4位、そして56周目に3位まで上がるとそのままこれを守り切ってチェッカーフラッグを受けた

|

« ベッテル、最適なタイヤ戦略で世界王者に輝く (ピレリ) | トップページ | A.ニューイ氏(レッドブル)、「来季はまた振り出しに」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58473884

この記事へのトラックバック一覧です: 3位グロージャン(ロータス)、「4位までは予想したけど」:

« ベッテル、最適なタイヤ戦略で世界王者に輝く (ピレリ) | トップページ | A.ニューイ氏(レッドブル)、「来季はまた振り出しに」 »