« 予選Q1、ハミルトン(メルセデス)がトップで通過 | トップページ | シンガポールGPポールは「高みの見物」ベッテルの手に »

2013/09/21

予選Q2、ライコネン(ロータス)&ペレス(マクラーレン)脱落

全車スーパーソフトタイヤ装着でさらにタイムアップした予選Q2。
トップに立ったのはやはりレッドブル勢の2台だった。
トップのベッテルのタイムは段トツの1'42.905。
2番手ウェバーは1'43.727だった。
3-4番手にはメルセデスのロズベルグ&ハミルトン、5番手グロージャン(ロータス)、6番手アロンソ(フェラーリ)、7番手に大健闘ザウバーのグティエレス。
グティエレスのQ3進出は13戦目にしてこれが初の快挙。
8番手マッサ(フェラーリ)、9番手リカルド(トロ・ロッソ)、そして10番手がバトン(マクラーレン)となった。

ここで脱落したのはヒュルケンバーグ(ザウバー)、ベルニュ(トロ・ロッソ)、ライコネン(ロータス)、ペレス(マクラーレン)、スーティル(フォース・インディア)、そしてボタス(ウィリアムズ)の6台。
このあといよいよ予選最終ピリオドが行われる。

|

« 予選Q1、ハミルトン(メルセデス)がトップで通過 | トップページ | シンガポールGPポールは「高みの見物」ベッテルの手に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58239637

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q2、ライコネン(ロータス)&ペレス(マクラーレン)脱落:

« 予選Q1、ハミルトン(メルセデス)がトップで通過 | トップページ | シンガポールGPポールは「高みの見物」ベッテルの手に »