« ダニエル・リカルド、「10番辺りを走るつもりない」 | トップページ | フォース・インディア、ジェームス・カラドを第3ドライバーに »

2013/09/04

ホーナー代表(レッドブル)、「ナンバー2起用した訳じゃない」

D.Ricciardo & M.Webber (C)Redbull Racing
拡大します
ここ数か月F1最大の話題として注目を集めたレッドブル・レーシングの来季ドライバーはやっと決定したが、これについて同チームのクリスチャン・ホーナー代表は「われわれはナンバー2ドライバーを起用した訳ではない」と言及、リカルドへの大きな期待を顕わにした。

「両ドライバーはまったく対等な機会、同じ装備での戦いが保証されるだろう。
レースとなれば、必然的にどちらかが前になるということになるが、それは自然な序列によるもので予め割り当てられるようなものではない。
ベッテルはいま最高のドライバーに間違いないが、リカルドの速さもわれわれは知っている。
それを近くあなたがたも知ることになるだろう」

ただ前任者であるウェバーがチームを離脱する一つの理由に「ナンバー2待遇」であることを訴えていたのは事実だ。

|

« ダニエル・リカルド、「10番辺りを走るつもりない」 | トップページ | フォース・インディア、ジェームス・カラドを第3ドライバーに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58124590

この記事へのトラックバック一覧です: ホーナー代表(レッドブル)、「ナンバー2起用した訳じゃない」:

« ダニエル・リカルド、「10番辺りを走るつもりない」 | トップページ | フォース・インディア、ジェームス・カラドを第3ドライバーに »