« 韓国、日本、インド用のタイヤ選択を発表 (ピレリ) | トップページ | シンガポールGPのスチュワードはデレック・ワーウィック氏 »

2013/09/19

ニュージャージーGP、「まだ開催諦めていない」

America GP(New Jersey) Image
拡大します
ハドソン川越しにニューヨークのマンハッタンを望むアメリカらしい市街地特設コースを計画した『グランプリ・オブ・アメリカ』(ニュージャージーGP)は、資金面やコースの準備が遅れ今年予定されていた初開催が断念に追い込まれただけでなく、2014年のカレンダーからも外れていることがわかり、開催への目途が立っていない。

しかし英『PAスポーツ』の取材に対しレース主催者はあくまでもレース開催に向け計画は進展していることを強調した。
「支払いが一時遅れたのは事実だが、これにはすでに目途が立って近く完了する。
そうすればACCUS(アメリカ自動車競技委員会)からWMSC(世界モータースポーツ評議会)への正式な申請が行われ、カレンダーにも記載される筈だ」と、楽観的な見通し。

しかし2014年はすでに21戦が登録されていることから現実は極めて厳しいとみられる。

|

« 韓国、日本、インド用のタイヤ選択を発表 (ピレリ) | トップページ | シンガポールGPのスチュワードはデレック・ワーウィック氏 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニュージャージーGP、「まだ開催諦めていない」:

« 韓国、日本、インド用のタイヤ選択を発表 (ピレリ) | トップページ | シンガポールGPのスチュワードはデレック・ワーウィック氏 »