« ニュージャージーGP、「まだ開催諦めていない」 | トップページ | エクレストン氏、「インドGP復活は通貨ルピー次第」 »

2013/09/19

シンガポールGPのスチュワードはデレック・ワーウィック氏

Derek Warwick (C)Renault F1 UK
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は今週末行われるシンガポールGPのドライバー出身枠レーススチュワード(競技審査委員)に、ベテランのデレック・ワーウィック氏(58歳:イギリス)をあてることを明らかにした。

元アロウズ等のF1ドライバー、デレック・ワーウィック氏は2010年のスペインGP、ハンガリーGP、2011年はトルコGP、アブダビGP、2012年のドイツGP、日本GP、アブダビGP、そして今年はマレーシアGPやベルギーGPでも担当、通算10回目。

同氏は1981年サンマリノGPで当時のトールマンからF1デビュー、その後ルノー、ブラバム、アロウズ、ロータス、フットワークと渡り最高位は2位。
F1引退後はスポーツカーレースでも活躍し、1992年にはプジョーを駆ってル・マン24時間レースに勝利している。

|

« ニュージャージーGP、「まだ開催諦めていない」 | トップページ | エクレストン氏、「インドGP復活は通貨ルピー次第」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58222784

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールGPのスチュワードはデレック・ワーウィック氏:

« ニュージャージーGP、「まだ開催諦めていない」 | トップページ | エクレストン氏、「インドGP復活は通貨ルピー次第」 »