« イタリアGPフリー2回目はレッドブル勢が席巻 | トップページ | ペレス(マクラーレン)、メキシコGP復活を歓迎 »

2013/09/07

FIA会長候補ワード氏、「モータースポーツ透明化」訴える

FIA
今年末で任期が満了するジャン・トッドFIA会長の対立候補として注目が集まるデビッド・ワード氏(56歳:イギリス、現FIA財団(ファウンデーション)総裁)が、自身の「選挙公約」を開示、モータースポーツ部門においても組織の改革や巨額資金の透明性等を訴えていることがわかった。

また注目すべきは「会長候補にとっての出発点は、新たな対立候補者を阻止する高い壁にぶつかること」と告発したこと。
現職会長がその影響力を用い、実際の選挙が始まる以前から再選のため組織内に運動を繰り広げていることを暴露した。

選挙までまだ時間はあるが、いまのところ現職であるジャン・トッドFIA会長の優位は動かないとみられている。

|

« イタリアGPフリー2回目はレッドブル勢が席巻 | トップページ | ペレス(マクラーレン)、メキシコGP復活を歓迎 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58142667

この記事へのトラックバック一覧です: FIA会長候補ワード氏、「モータースポーツ透明化」訴える:

« イタリアGPフリー2回目はレッドブル勢が席巻 | トップページ | ペレス(マクラーレン)、メキシコGP復活を歓迎 »