« FIA、レース後の行動についても明文化へ | トップページ | ベッテル(レッドブル)、観客のブーイングにも動じず »

2013/09/25

バーニー・エクレストン氏、マッサのF1残留に期待

F.Massa & B.Eclestone (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームからの放出が決まったフェリッペ・マッサ(32歳:ブラジル)だが、反面その後の去就については一向に伝えられてこない。
噂ではライコネンと入れ替わりにロータス・チームに加入する説や、ウィリアムズ・チームへの移籍という説もあるようだ。

こうした状況について、FOA(フォーミュラ・ワン・アドミニストレーション)のバーニー・エクレストン代表は、「マッサにはF1に残留して欲しいと思っているし、そのための尽力を惜しまない」と、明言している。

エクレストン氏が心配する裏にはマッサがいなくなるとF1にブラジル人ドライバーが皆無になってしまうからだが、そうしたブラジル企業の支援を取り付けるため、マッサのパーソナル・マネージャーであるニコラス・トッド氏(ジャン・トッドFIA会長の子息)がいま奔走しているようだ。

ブラジル資本のスポンサーとしては国営石油企業である『ペトロブラス』が著名で、かつてはホンダ・チームの買収候補として名前が挙げられたこともある。

|

« FIA、レース後の行動についても明文化へ | トップページ | ベッテル(レッドブル)、観客のブーイングにも動じず »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58261432

この記事へのトラックバック一覧です: バーニー・エクレストン氏、マッサのF1残留に期待:

« FIA、レース後の行動についても明文化へ | トップページ | ベッテル(レッドブル)、観客のブーイングにも動じず »