« P Zeroレッド・スーパーソフト、シンガポールで好調なスタート (ピレリ) | トップページ | 予選Q1、ハミルトン(メルセデス)がトップで通過 »

2013/09/21

フリー走行3回目もベッテル(レッドブル)が最速タイム

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
21日(土)午後、公式予選を前にシンガポールGPの最終フリー走行が行われた。
ここでもトップタイムをマークしたのはレッドブルのセバスチャン・ベッテルで、1'44.173を記録した。
しかし今回2番手は僚友ではなく、ロータスのグロージャンで、ベッテルに0.191秒差まで迫ってみせた。
3番手にロズベルグ(メルセデスAMG)、そして4番手がウェバー(レッドブル)。
以下、5番手ハミルトン(メルセデス)、6番手アロンソ(フェラーリ)、7番手ペレス(マクラーレン)、8番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9番手バトン(マクラーレン)、そして10番手がマッサ(フェラーリ)、ライコネン(ロータス)は12番手だった。

ただセッション終盤はコース上がマシンで溢れ、各車ともクリアラップが取れない状況。
真のポジションは公式予選にならないと判明しないようだ。

シンガポールGP:フリー走行3回目の結果はこちら
シンガポールGPの画像はこちら

|

« P Zeroレッド・スーパーソフト、シンガポールで好調なスタート (ピレリ) | トップページ | 予選Q1、ハミルトン(メルセデス)がトップで通過 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58238657

この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行3回目もベッテル(レッドブル)が最速タイム:

« P Zeroレッド・スーパーソフト、シンガポールで好調なスタート (ピレリ) | トップページ | 予選Q1、ハミルトン(メルセデス)がトップで通過 »