« ミハエル・シューマッハ、メルセデスの躍進を賞讃 | トップページ | ロシアGP開催、FIA(国際自動車連盟)の『特例扱い』が頼り »

2013/08/03

フラビオ・ブリアトーレ(元上司)、「アロンソに移籍の意思ない」

F.Alonso & F.Briatore (C)Renault F1 UK
拡大します
一向に成績が上向かないフェラーリ・チームだが、フェルナンド・アロンソが来季ウェバーの後任としてレッドブル・レーシングに移籍を考えているのではないか、という報道について、ルノー・チーム時代の元上司であるフラビオ・ブリアトーレ氏は「アロンソに移籍の意思はない」と、その気持ちを代弁した。

「アロンソにはフェラーリとの間に有効な契約があるし、彼自身いまは跳ね馬チームの下でタイトルを獲得すべく全力を挙げているところだ。
ドライバーというものは常に速いマシンを望むものだが、チームはそれに応えている。
またモンテツェモロ(フェラーリ社長)がアロンソを非難したとか伝えられているが、二人の間には強固な信頼関係があって少々のことではそれが揺るぐことなどないよ」

ただそれでも意表を突いた移籍があるというのもF1という世界ではある。

|

« ミハエル・シューマッハ、メルセデスの躍進を賞讃 | トップページ | ロシアGP開催、FIA(国際自動車連盟)の『特例扱い』が頼り »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57917055

この記事へのトラックバック一覧です: フラビオ・ブリアトーレ(元上司)、「アロンソに移籍の意思ない」:

« ミハエル・シューマッハ、メルセデスの躍進を賞讃 | トップページ | ロシアGP開催、FIA(国際自動車連盟)の『特例扱い』が頼り »