« 混乱のロシアGP、主催者と連盟とが合意を強調 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、F1ドライバーの質低下を憂慮 »

2013/08/06

ピレリ、再度のタイヤテスト必要訴え来季に意欲

Paul Hembery (C)Pirelli Motorsport
拡大します
このところF1はレギュレーションによりシーズン中のテストが禁じられてきたが、イギリスGPでの相次いだタイヤ事故を受け、シルバーストーンで緊急テストを敢行。
それもあってかその後ピレリタイヤに心配されるトラブルは起きていない。

これを受けポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは、「今シーズン、われわれは謂われのない非難を受け、困難な状況での参戦を強いられた。
しかしこのタイヤテストはとても有効だった。
これによりわれわれはもちろん、チーム側も一切の懸念を払拭できたことだろう。
来年のタイヤ仕様の発表もあり、できればまたタイヤテストを行いたいと考えているよ」と、語っている。

これは、取りも直さずまだ契約発表のない2014年シーズンもピレリがF1タイヤを支える意思を示したとも受け取れそうだ。

|

« 混乱のロシアGP、主催者と連盟とが合意を強調 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、F1ドライバーの質低下を憂慮 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57936915

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、再度のタイヤテスト必要訴え来季に意欲:

« 混乱のロシアGP、主催者と連盟とが合意を強調 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、F1ドライバーの質低下を憂慮 »