« マルシアF1、「現在の体制維持が望ましい」 | トップページ | 2014年ロシアGP、申請期日に間に合わず »

2013/08/02

フェラーリ、ライコネンへのオファー報道否定

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今季限りでF1を引退するウェバー(レッドブル)の後継に、現フェラーリ・チームのエース、フェルナンド・アロンソが浮上しているとの報道を受け、今度はそのアロンソの後任にライコネン(現ロータス)の名前が伝えられて騒動になっている。
しかしこれを受け、フェラーリ・チームのスポークスマンは「事実無根」とドイツ・メデイアの取材に言明、完全否定した。

これはそもそもハンガリーGPの会場でライコネンのマネージャーであるスティーブ・ロバートソン氏がフェラーリ・チームのモーターホームに入ることが目撃されたことによるものだが、F1の世界ではこうしたことは日常茶飯事であり、しばしばゴシップの元になっているのが現実だ。

ライコネンは2007年から3年間フェラーリで走って通算9勝を記録、2007年にはシリーズ・チャンピオンになっている。

|

« マルシアF1、「現在の体制維持が望ましい」 | トップページ | 2014年ロシアGP、申請期日に間に合わず »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57910611

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ、ライコネンへのオファー報道否定:

« マルシアF1、「現在の体制維持が望ましい」 | トップページ | 2014年ロシアGP、申請期日に間に合わず »