« ホンダ、スポーツカーレースにも新ターボ・エンジン投入 | トップページ | 小林可夢偉へも給与未払いのまま? ザウバー・チーム »

2013/08/13

レッドブル・レーシング、ピットストップでも最速タイム

Redbull/Pit (C)RedBull Racing
拡大します
ドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』が、今年前半のピットストップタイムを発表。
それによればベスト5をすべてレッドブル・レーシングが独占することがわかり、チャンピオン・チームの速さがコース上だけでなくピットストップにもあることが証明された。

今年の同チームのピットストップ・タイムは平均2.83秒。
2番目はフェラーリで平均2.90秒、3番手がメルセデスAMGで3.06秒だったという。
ただ、今年はピットストップ時の作業ミスによるタイヤ脱落事故も起きていて、今後は少し遅くなるとの見方もされているようだ。

順 位 ドライバー グランプリ Pストップタイム
 1 マーク・ウェバー マレーシアGP 2.13秒
 2 セバスチャン・ベッテル マレーシアGP 2.15秒
 2 セバスチャン・ベッテル スペインGP 2.15秒
 4 マーク・ウェバー マレーシアGP 2.16秒
 5 セバスチャン・ベッテル ドイツGP 2.20秒

|

« ホンダ、スポーツカーレースにも新ターボ・エンジン投入 | トップページ | 小林可夢偉へも給与未払いのまま? ザウバー・チーム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57981944

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル・レーシング、ピットストップでも最速タイム:

« ホンダ、スポーツカーレースにも新ターボ・エンジン投入 | トップページ | 小林可夢偉へも給与未払いのまま? ザウバー・チーム »