« ロス・ブラウン代表(メルセデス)、「引き継ぎは来年以降」 | トップページ | 来季のシーズン前テストは1月にスタート »

2013/08/09

ピレリタイヤ首脳、「成績の明暗はタイヤ管理の妙」

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
メルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンが先のハンガリーGPでポールTOウィンを飾ったことについて、新しく導入されたピレリタイヤが原因ではないか、との指摘があることについて、同タイヤのポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは「勝因はタイヤの使い方にある」と分析した。

「新しいタイヤがメルセデスのマシンに合っていたから勝ったというのは無責任な憶測に過ぎない。
彼らはわれわれのタイヤをよく理解し、優れた管理のものでレースを戦ったからこの結果が得られたのだ。
逆にいえば、同じメルセデス・エンジンのフォース・インディアでは、今回タイヤをうまく活かすことができなかったために低迷した。
いまのF1はそれだけタイヤをうまく使うことが重要ということの証明になる」

|

« ロス・ブラウン代表(メルセデス)、「引き継ぎは来年以降」 | トップページ | 来季のシーズン前テストは1月にスタート »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57955718

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリタイヤ首脳、「成績の明暗はタイヤ管理の妙」:

« ロス・ブラウン代表(メルセデス)、「引き継ぎは来年以降」 | トップページ | 来季のシーズン前テストは1月にスタート »