« ファン・モントーヤに現役引退の危機? | トップページ | フェラーリは否定、それでもくすぶるライコネン復帰説 »

2013/08/16

ウィットマーシュ代表(マクラーレン)、「復活の方向見えた」

McLaren Duo (C)McLaren Group
拡大します
2013年シーズン、開幕から稀にみる不振に陥っているマクラーレン・チームだが、後半戦を迎えるにあたり「復活の方向が見えた」と、自信をみせている。

これは同チームのマーティン・ウィットマーシュ代表が語ったもので、同氏は「確かに冬のマシン開発の段階でいくつかの誤りをしたことは認める。
しかし時間は掛かったがそうした不具合を修正し、また新しい対策パーツを投入するなどしてハンガリーGPの時点ではかなりバージョンアップが功を奏している。
今後数戦で、向上したわれわれのパフォーマンスを間違いなく見せられることだろう。
マクラーレン・チームがこんな状況に甘んじていい筈がないからね」と、強調。

確かに不振を極めた二人のドライバーもここ2戦は揃って入賞するなど明るい兆しをみせている。

|

« ファン・モントーヤに現役引退の危機? | トップページ | フェラーリは否定、それでもくすぶるライコネン復帰説 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58000605

この記事へのトラックバック一覧です: ウィットマーシュ代表(マクラーレン)、「復活の方向見えた」:

« ファン・モントーヤに現役引退の危機? | トップページ | フェラーリは否定、それでもくすぶるライコネン復帰説 »