« フラビオ・ブリアトーレ(元上司)、「アロンソに移籍の意思ない」 | トップページ | ゲルハルト・ベルガー氏、「アロンソには転機が必要」 »

2013/08/04

ロシアGP開催、FIA(国際自動車連盟)の『特例扱い』が頼り

Sochi Image (C)Sochi Circuit
拡大します
2014年にソチで初開催が決まっていたロシアGPだが、定められた期日までに開催申請がなされなかったという『異常事態』に、関係者は不安な面持ちを隠せない。

申請の責任者であるロシアの統括団体であるRAF(ロシア自動車連盟:Russian Automobile Federation)のイゴール・イェルミリン副会長は、「確かに申請が遅滞した責任はわれわれのほうにある。
しかしこれですべてが終わったとも考えていない。
頼みはFIA(国際自動車連盟)がわれわれの国内事情を斟酌して特例扱いしてくれるかどうかだ。
しかしロシアGP初開催については国を挙げて歓迎していることでもあり、事態は好転すると確信しているよ」

ロシアGPについてはFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏自身が積極的に推し進めてきた経緯もあり、最後は政治決着が付けられるとの見方が有力だ。

|

« フラビオ・ブリアトーレ(元上司)、「アロンソに移籍の意思ない」 | トップページ | ゲルハルト・ベルガー氏、「アロンソには転機が必要」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57922926

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアGP開催、FIA(国際自動車連盟)の『特例扱い』が頼り:

« フラビオ・ブリアトーレ(元上司)、「アロンソに移籍の意思ない」 | トップページ | ゲルハルト・ベルガー氏、「アロンソには転機が必要」 »