« インドGP主催者、「日程が延期になっただけ」 | トップページ | フェラーリ、ライコネンへのオファー報道否定 »

2013/08/02

マルシアF1、「現在の体制維持が望ましい」

John Booth (C)Marussia F1 Team
拡大します
今季コスワース・エンジンで戦っているマルシアF1チームはエンジン規定が変更となる来シーズンからフェラーリに変更することがすでに決まっているが、ドライバー・ラインナップについてこれは関係しないとの見解を示している。

そう英『スカイスポーツ』に語るのは同チームのジョン・ブース代表で、「われわれは来年フェラーリ・エンジンにスイッチするが、それによるドライバー契約についての制限等はない。
われわれは現在のチルトン&ビアンキという二人のドライバーのパフォーマンスに満足していて、できればこれを継続したいと考えているよ」と述べている。

ジュール・ビアンキ(23歳:フランス)については元々フェラーリ・チームのジュニア・ドライバーだが、それが契約に関係していることはないというものだ。

|

« インドGP主催者、「日程が延期になっただけ」 | トップページ | フェラーリ、ライコネンへのオファー報道否定 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルシアF1、「現在の体制維持が望ましい」:

« インドGP主催者、「日程が延期になっただけ」 | トップページ | フェラーリ、ライコネンへのオファー報道否定 »