« ロシア資金に翻弄されるザウバー・チーム | トップページ | ウィリアムズ、また若手ドライバーと契約へ »

2013/08/14

メルセデスAMGチーム、来季はエンジンで優位に立つ?

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
レギュレーションが安定したことからほぼイコール・コンディションになっているとみられる現在のF1エンジン戦争だが、既報のように来シーズンはエンジン規定が現行の2.4リッターV型8気筒から1.6リッターV型6気筒ターボへと大きく変わる。
そしてこれまでのところ、この開発で一歩先を行っているのがメルセデス・エンジンであるとされる。

これについて同チームのルイス・ハミルトンは、「確かにメルセデスが開発する新しいエンジンには期待しているよ。
幸い今シーズン、シャシー面ではかなり進化ができたと感じているんだ。
これで来年さらにパワーユニットについてもアドバンテージが得られるのなら、ドライバーとしてはうれしいことだからね。
ただ新しいレギュレーションではパワーだけでなく燃費や信頼性なんかも大きなカギになるだろうね」と、語っている。

|

« ロシア資金に翻弄されるザウバー・チーム | トップページ | ウィリアムズ、また若手ドライバーと契約へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57989527

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスAMGチーム、来季はエンジンで優位に立つ?:

« ロシア資金に翻弄されるザウバー・チーム | トップページ | ウィリアムズ、また若手ドライバーと契約へ »