« ライコネン(ロータス)のトラブル原因は捨てバイザー | トップページ | エリック・ブイユ代表(ロータス)、ライコネン残留に自信 »

2013/08/27

ミシュランタイヤ、2014年のF1復帰は本気か

Michelin Tyre (C)Renault F1 UK
拡大します
誰もが既定事実として認めながら、依然として具体的な更新に至っていないピレリタイヤによるF1タイヤ供給契約だが、これに合わせるようにまたぞろミシュランタイヤの復帰説がささやかれている。

同タイヤのパスカル・クワノン/ディレクターは、「噂というものが真実であれば、われわれはもうとっくに発表会見をしていることになっている」と皮肉をこめながらも「ミシュランタイヤとしてのスタンスは常に変わっておらず、FIAから要請があればこれに応える用意がある。事実、間もなくフォーミュラEにも携わる」と、仏『フィガロ』に語っている。

ただミシュランタイヤはかねてF1タイヤのサイズアップを要求していて、こうした変更が2014年に間に合うかは疑問だ。
ミシュランは2006年までF1にタイヤ供給していた。

|

« ライコネン(ロータス)のトラブル原因は捨てバイザー | トップページ | エリック・ブイユ代表(ロータス)、ライコネン残留に自信 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/58073215

この記事へのトラックバック一覧です: ミシュランタイヤ、2014年のF1復帰は本気か:

« ライコネン(ロータス)のトラブル原因は捨てバイザー | トップページ | エリック・ブイユ代表(ロータス)、ライコネン残留に自信 »