« 予選Q1はメルセデスAMG勢が躍進 | トップページ | ハンガリーGPポールはハミルトン(メルセデス)の手に »

2013/07/27

予選Q2、バトン(マクラーレン)が脱落

ハンガリーGP予選Q2は再びロズベルグ&ハミルトンのメルセデスAMG勢が1-2タイム。
これにベッテル(レッドブル)、グロージャン(ロータス)、アロンソ(フェラーリ)、ライコネン(ロータス)、マッサ(フェラーリ)、ウェバー(レッドブル)、リカルド(トロ・ロッソ)、そしてペレス(マクラーレン)の10台がQ3進出を決めた。

来季ポスト・ウェバーの呼び声も聞かれるトロ・ロッソのリカルドはこれで4戦連続のQ3進出で気を吐いた。
一方、2006年と2011年のハンガリーGPウィナーであるバトン(マクラーレン)は屈辱のQ2敗退となった。

ここで脱落となつたのはスーティル&ディ・レスタのフォース・インディア勢、上記バトン、ベルニュ(トロ・ロッソ)、マルドナド&ボタスのウィリアムズ勢という6台になった。

|

« 予選Q1はメルセデスAMG勢が躍進 | トップページ | ハンガリーGPポールはハミルトン(メルセデス)の手に »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q2、バトン(マクラーレン)が脱落:

» F1ハンガリーGP(2013 R10) [UKYOのつぶやき]
F1第10戦ハンガリーGP! [続きを読む]

受信: 2013/07/28 00:59

« 予選Q1はメルセデスAMG勢が躍進 | トップページ | ハンガリーGPポールはハミルトン(メルセデス)の手に »