« ボイコットまで示唆したGPDA、腰砕けの原因はエクレストン氏 | トップページ | 予選Q2、ホームのロズベルグ(メルセデスAMG)が脱落 »

2013/07/06

予選Q1、ウィリアムズ勢600戦目飾れず

引き続きドライコンディションで行われたドイツGP公式予選Q1が終了。
トップタイムを記録したのはマッサ(フェラーリ)でベストタイムは1'30.547。
2番手ライコネン(ロータス)、3番手アロンソ(フェラーリ)、4番手リカルド(トロ・ロッソ)、5番手ハミルトン(メルセデス)、6番手ヒュルケンバーグ(ザウバー)、7番手バトン(マクラーレン)。8番手グロージャン(ロータス)、9番手ベッテル(レッドブル)、そして10番手がスーティル(フォース・インディア)だった。

ロズベルグ(メルセデスAMG)は11番手、ウェバー(レッドブル)13番手、ペレス(マクラーレン)14番手。
ザウバー・チームはグティエレスもQ2進出を果たしたが、記念すべき600戦目のウィリアムズ勢は涙を呑んだ。
脱落はウィリアムズのボタス&マルドナド、ピック(ケータハムF1)、ビアンキ(マルシアF1)、デル・ガルデ(ケータハム)、そしたチルトン(マルシアF1)の6台となった。

|

« ボイコットまで示唆したGPDA、腰砕けの原因はエクレストン氏 | トップページ | 予選Q2、ホームのロズベルグ(メルセデスAMG)が脱落 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q1、ウィリアムズ勢600戦目飾れず:

« ボイコットまで示唆したGPDA、腰砕けの原因はエクレストン氏 | トップページ | 予選Q2、ホームのロズベルグ(メルセデスAMG)が脱落 »