« ライコネン(ロータス)、「ボイコットでも自分は走る」 | トップページ | GPDA(F1ドライバー団体)、ボイコット宣言を撤回 »

2013/07/06

初日最速ベッテル(レッドブル)、「もうタイヤ事故はない」

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
ドイツGPフリー走行初日を最速タイムで終えたレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルだが、関心はタイムよりピレリタイヤの問題のほうだった。

「イギリスGPでの状況は決してドライバーとして受け入れられるものではなく、僕たちは真剣にこれに対処した。
GPDA(F1ドライバー団体)はその後のピレリやFIAの対策に満足していて、ドイツGPではもう同じことは起きないと確信しているよ。
今日の結果について言えば、午前の段階では全然納得いくレベルではなかったものの、午後にはかなり改善されて良くなったと思っている。
それでも明日の公式予選ではやはりメルセデスAMG勢が速いんじゃないのかな」

それでもベッテルのポールポジション3回はロズベルグ(メルセデスAMG)と並んで今季最多ということになる。

|

« ライコネン(ロータス)、「ボイコットでも自分は走る」 | トップページ | GPDA(F1ドライバー団体)、ボイコット宣言を撤回 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57733078

この記事へのトラックバック一覧です: 初日最速ベッテル(レッドブル)、「もうタイヤ事故はない」:

« ライコネン(ロータス)、「ボイコットでも自分は走る」 | トップページ | GPDA(F1ドライバー団体)、ボイコット宣言を撤回 »